睡眠の質を高めて血液を変える☆

2018/09/30
若葉りなヨガ教室

【血液について】

 

 

深夜1時から3時までに血液はつくられるので、夜は11時までに寝るのが理想です。

 

 

 

 

 

血液が足りない人は寝つきが悪くなるのでなかなか眠ることが出来ない方も多いと思います。

 

 

 

 

血液がつくられる深夜1時から3時の間に深い眠りができていないと血流不足になり悪循環になります。

 

 

 

 


ヨガを行った後に心も身体もスッキリするのは、心臓が血液を送り出してふくらはぎの筋肉と呼吸で心臓に血液が戻り、血液循環が良くなるからです。

 

 

 

 

 

ヨガの呼吸法は、インナーマッスルを鍛える効果もあるので、内臓を正しい位置に戻し、内臓機能も活性化させ、血液をつくることにもつながります。

 

 

 

 


胃腸の調子が悪いと血液をつくることができません。

 

 

 

 

 


夜は、消化の良い食事を取り、睡眠をしっかり取って睡眠の質を高めることが重要となります。

 

 

 

 

胃腸の調子を良くすることで血液をつくり、睡眠の質を高めて血液を増やし、ヨガの呼吸法、ふくらはぎを鍛えて血液を流すことが血流を良くします。

 

 

 

 

この3つのことが血流を良くする時にとても大切になります。

 

 

 

 

 

体のすべての血液が新しい血液に変わるのに4ヶ月かかると言われています。

 

 

 

 

睡眠の質を高めて、血液を変え健康になりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日も皆さまが健康で笑顔いっぱいの素敵な1日になりますように☆

 

 


心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


若葉りな