足首を柔軟にするウトゥカタアーサナ/椅子のポーズ☆

2018/11/03
若葉りなヨガ教室

足首を柔軟にする「ウトゥカタアーサナ/椅子のポーズ」は、椅子に座ったような姿勢で行うポーズです。

 

 

 


見えない椅子に座っているように見えるので、「椅子のポーズ」または「腰かけのポーズ」とも言われています。

 

 

 

 

見えない椅子に座り続けるには強い脚力と体力が必要とされてきます。

 

 

 

 


足首を柔軟にして脚力を強化するので、下半身太りにお悩みの方におすすめのポーズです。

 

 

 

 

 

 


【椅子のポーズのやり方】

 

① 左右の足の内側を揃えて平行に立ちます。


  ※ この時、左右均等に体重を乗せます。

 

 

 

② 息を吸いながら両手を天井方向へ持ち上げ耳横に伸ばします。

 

  肘を伸ばし、指先も伸ばします。

 

 

 

③ 吐く息で、椅子に腰を掛けるように膝を曲げて上体を落とします。

  ※ この時、膝がつま先から出ないようにしましょう。

    (膝を痛める原因になります)

 

  両膝を曲げてかかとでマットを押し、足首の関節を強く曲げます。

 

  お尻を下ろして、腕は力強く上に伸ばします。

 

  胸を開き、腕が伸ばせるようであれば手のひらを合わせます。

 

 ★ ここで5呼吸程キープします。

 

 

 


④ 息を吸いながら膝を伸ばし、吐く息で、腕を体側に戻します。

 

  ①~④を2、3セット繰り返しましょう。

 


★ 頭痛、不眠症、低血圧の方は無理をせず行うようにしましょう。

  

 

 

 

 

 

 

 


【椅子のポーズの効果】

 

☆ 足首の柔軟性を高める

 

 

☆ 肩こりの予防改善

 

 

☆ 脚力の強化

 

 

☆ 背骨の強化

 

 

☆ 背筋の強化

 

 

☆ 内臓機能の活性化

 

 


☆ 二の腕の引き締め

 

 

 

 

 

 

 


【ポイント】

 

★ 足首を深く曲げ、膝を合わせる。

 

 

★ 上半身は上に引き上げ、太ももを床に近づけるようなイメージで行う。

 

 

★ 重心を後ろに引き、できるだけ床と垂直になるようにする。

 

 

 

 

 

 

椅子のポーズを日々行うことで、肩こり、足首のこりが軽減され下半身の強化や背骨、背筋が鍛えられます。

 

 

 

 

是非、チャレンジしてみてください♡

 

 

 

 

 

 

 


今日も皆さまが笑顔いっぱいの素敵な1日になりますように☆

 


心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

若葉りな