バランス力をつけて不調対策、事故防止を行う☆

2018/11/12
若葉りなヨガ教室

私たちは、年齢を重ねるとバランスを取るのが苦手になってきます。

 

 

 

片足で立つとふらふらしたり、何かにつかまらないと立つのが難しくなったりします。

 

 

 

 

バランス力を失うと、歩いている時に車や自転車が通っただけでバランスを崩してしまい、事故につながることもありとても危険です。

 

 

 


そんなことにならないためにも、普段からバランス力をつける事が大切です。

 

 

 

 


バランス力をつける為に大事な点は、丹田(おへその下あたりにあるツボ)を凹ますように力を入れること、そして、背中の筋力をつける事です。

 

 

 

 


お腹に力が入ると背中が真っ直ぐになります。

 

 

 

背骨は体を支える大切な役割をしています。

 

 

 

そして、背骨はすべての内臓の神経にもつながっています。

 

 

 

 

背骨のバランスが崩れることで体にさまざまな不調を起こしやすくなります。

 

 

 

 

ヨガのバランスポーズで不調対策、事故防止をおこないましょう。

 

 

 

 

姿勢が良くなることで若返り効果も期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

今日も皆さまが明るく素敵な1日になりますように☆

 

 

心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若葉りな