呼吸法の基本的なルール☆

2019/08/15
若葉りなヨガ教室

呼吸について

 

 

人間は呼吸を止めてしまうと死んでしまいます。

現代社会はストレスが多い時代です。

ストレスによって、呼吸が浅い人や肩が緊張していて肩があがってしまう人がとても多いです。

このような呼吸をしていると、慢性的な肩こりや頭痛、偏頭痛、イライラや不眠症など、体の不調を起こしやすくなります。

 

 

 

呼吸をしっかりと行うことで、心は穏やかになり、身体は疲れにくくなります。

呼吸の仕方で、自分の人生も変わります。

呼吸は心身にとても大きな影響を与えます。

呼吸に意識を向けて、出来るだけ深く呼吸するようにしましょう!

 

 

 

健康でいられるためにも今のご自分の呼吸を見直すことが大切です。

呼吸で快適な生活を送りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

呼吸法の基本的なルール

 

 

① 鼻から吸って鼻から吐く

 

 

 

② ポーズを行う時も呼吸は止めない

 

 

 

③ ご自分のペースで呼吸を続ける

 

 

 

④ 吸う息では背筋を伸ばし、吐く息では背中を丸める

 

 

 

⑤ 吐く息で体を前に倒し、吸う息で体を元に戻す

 

 

 

 

 

 

腹式呼吸のやり方

 

 

① 吸う息でお腹を膨らませる

 

 

 

② 吐く息でお腹を凹ませる

 

 

 

 

 

 

 

 

胸式呼吸のやり方

 

 

① 吸う息で胸が上がる

 

 

 

② 吐く息で胸が下がる

 

 

 

 

 

 

腹式呼吸は、横隔膜と腹筋群の動きによってお腹を膨らませたり凹ませたりする呼吸法です。

リラックス効果があり、心を落ち着かせる効果があります。

 

 

 

 

 

 

胸式呼吸は、肋骨を開いて空気を入れたり出したりする呼吸法です。

気持ちが前向きになり、姿勢が良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

呼吸法のルールを守り、身体のさまざまな領域をコントロールし健康になりましょう☆

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も皆様が笑顔いっぱいの素敵な1日になりますように☆

 

 

 

心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

ヨガインストラクター/カウンセラー若葉りな