快眠できる屍のポーズ/おやすみのポーズ☆

2019/09/11
若葉りなヨガ教室

快眠できる屍のポーズ/おやすみのポーズ

 

 

深い眠りにつくことが出来ていますか?

 

 

ヨガのポーズには、冷え性や肩こり、頭痛などに効くポーズがありますが、「眠りに効く」ポーズ。

屍のポーズ(シャバーサナ)があります。

 

 

 

屍のポーズは、呼吸に意識をすることも動作に意識することもなく、ただただ「体を休める」ことを目的としています。

仰向けになり、足は腰幅より大きく開き足の力を抜きます。

腕は体側に下ろして、脇は卵一つ分くらい開けて、手のひらを上に向けて耳と肩の距離を遠ざけます。

雑念を抱かないように、全身の力を抜いて脱力します。

背中と床の接地面が多いほど、体の緊張がほぐれてリラックスすることができます。

 

 

 

サンスクリット語で、シャバは「屍」アーサナは「形」という意味です。

つまり、シャバーサナは死んだときの形。

体も頭も死んだ状態。

眠りに入る瞬間の状態であり、脳が最も休まれている状態であると言われています。

シャバーサナは、一番難しいポーズとも言われています。

 

 

 

シャバーサナを行うことに慣れてくると、睡眠の質も良くなり、深い眠りにつくことが出来るようになります。

 

 

 

 

 

ヨガのおやすみのポーズのシャバーサナは、私の一番好きなポーズです。

 

 

 

 

 

シャバーサナは究極の体の回復法です。

 

 

 

シャバーサナで、究極のリラックスを感じてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

今日も皆様が笑顔いっぱいの素敵な1日になりますように☆

 

 

 

心からお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガインストラクター/カウンセラー若葉りな